meta要素を検討したホームページ制作

ホームページ制作で、ページの紹介文や関連するキーワードを記述しておく仕組みを施すことができます。ブラウザで閲覧する場合には表示されませんから、その存在に気づくことは、ありません。主に検索エンジンに対して、ページの紹介文と関連キーワードを伝えるために用意された記述方法であり、内容は検索エンジンに読まれますから、的確に記述しておけば、SEO効果を期待できます。

紹介文とキーワードは、meta要素を使用して記述します。紹介文に記述した内容は、そのまま検索結果の概要文として表示されることがあります。ページの内容が分かりやすい紹介文を記述するのはセオリーです。

紹介文には、最適化したいキーワードを含めておく必要があり、長い文章を記述しても全ては表示されませんから、全角文字で100文字余りを目安にしておきます。分かりやすい紹介文を読ませることができるのは、SEO効果のメリットにつながるからです。

キーワードは、検索結果で表示させたい検索語を、検索エンジンに伝えるために使用されていました。しかし、無関係な単語を列挙する検索エンジンスパムが流行したため、最近の検索エンジンは、あまり参照しません。ページ内に1度も出てこない単語は記述しないようにするのが無難です。

ホームページ制作 浦安
ホームページ制作 市川
ホームページ制作 習志野
ホームページ制作 江戸川

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL